日本政策金融公庫では、社会課題の解決に取り組むソーシャルビジネスを積極的に支援しています。
より良い社会を実現するためには、NPO・企業・行政などの様々な主体が、それぞれの強みや特徴を活かし、共に協力しながら社会課題の解決に取り組むことが有効だと考えられます。
本シンポジウムでは、「NPO・企業・行政などの連携・協働」をテーマに、様々な主体と協力しながら社会課題の解決に取り組む方々にご登壇いただきます。プログラムを通じて、連携・協働の意義・メリットや具体的な取り組み方、そして地域で連携・協働を生み出すために必要な中間支援・伴走支援の在り方などについて、皆さまにお伝えします。

 概 要 
開催日時 令和4年2月23日(水・祝)13:30~17:20(予定)
開催場所 オンライン(Zoomウェビナー)
参加費 無料
定員 先着400名様(事前申込制)
対象 ・地域貢献に興味がある方
・ソーシャルビジネスに取り組む方
・他者と連携して、社会課題の解決に取り組みたいと考えている方
・行政、金融機関、ソーシャルビジネスの支援機関の担当者の方
主催 日本政策金融公庫
後援 経済産業省、京都信用金庫

プログラム
オープニング
13:30~13:45
 開会挨拶
 昨今のソーシャルビジネスの動向について
基調講演
13:45~14:35
 「ソーシャルビジネス・企業・行政の新しい連携とは」
【講演内容】
ソーシャルセクター、企業、行政の「新しい連携」の特徴や、その可能性について事例を交えながらお話いただきます。

【基調講演者】
一般社団法人RCF
代表理事
藤沢 烈 氏


パネル
ディスカッション
第一部

14:45~15:55
 「NPO、企業、行政との連携・協働のポイント」
【内容】
NPO、企業、行政の連携事例や、連携を成功させるためのポイントについて、ディスカッションします。

【ファシリテーター】
認定NPO法人日本ファンドレイジング協会 
常務理事/社会的インパクトセンター長
鴨崎  貴泰  氏


【パネリスト】
日本マイクロソフト株式会社 
政策渉外・法務本部社会貢献担当部長
龍治  玲奈  氏


認定NPO法人育て上げネット
理事長
工藤  啓  氏


横浜市政策局 共創推進室 共創推進課
中川  悦宏  氏


パネル
ディスカッション
第二部

16:05~17:15
 「連携・協働を地域で生み出すために求められる支援とは」
【内容】
連携・協働を地域で生み出すために必要な支援とは何かという観点から、地域のコミュニティづくりや中間支援、伴走支援の在り方についてディスカッションします。

【ファシリテーター】
認定NPO法人日本ファンドレイジング協会 
常務理事/社会的インパクトセンター長
鴨崎  貴泰  氏


【パネリスト】
京都信用金庫
常務理事/価値創造本部長
竹口 尚樹 氏


株式会社ボーダレス・ジャパン
代表取締役副社長
鈴木 雅剛 氏


Slow Innovation株式会社
代表取締役
野村 恭彦 氏


クロージング
17:15~17:20
 閉会挨拶

※プログラム内容、時間等は変更になる場合があります

登壇者紹介


藤沢 烈 氏

一般社団法人RCF
代表理事

東日本大震災後にRCFを設立し、災害復興に関する情報分析や事業創造に取り組む。現在は全国での復興事業及び地方創成事業を、行政や企業など多様なセクターとの連携を通じ展開している。
ふくしま12市町村移住支援センター長、新公益連盟理事・事務局長、日本プロサッカーリーグ理事を兼務。


鴨崎 貴泰 氏

認定NPO法人日本ファンドレイジング協会
常務理事/社会的インパクトセンター長

グロービス経営大学院卒業(MBA)。環境コンサルティング会社を経て、2009年公益財団法人信頼資本財団に設立時より参画し事務局長を務め、社会起業家に対する無利子・無担保融資事業やNPOのファンドレイジング支援事業を行う。2014年NPO法人日本ファンドレイジング協会へ入職し事務局長を務め、2019年からは常務理事も兼務。2020年5月からは合同会社シッカイヤを創業して代表に就任。SIBの日本導入や社会的インパクト評価・マネジメントの推進などに従事。


中川 悦宏 氏

横浜市 政策局 共創推進室 共創推進課
事業構想⼤学院⼤学 事業構想研究所 客員フェロー

横浜市役所に⼊庁後、区役所、こども⻘少年局を経て2016年に公⺠連携専⾨部署の共創推進室に配属され、多くの共創事業のコーディネート・コンサルティングに携わる。全国⾃治体、企業内研修、⼤学、専⾨学校などでの公⺠連携に関する講師を多数担当。知的財産管理技能⼠3級。 【著書】『公⺠共創の教科書』(共著、2020、事業構想⼤学院⼤学出版部)


⽵⼝ 尚樹 氏

京都信⽤⾦庫
常務理事/価値創造本部⻑

1967年京都⽣まれ。同志社⼤学卒業後、京都信⽤⾦庫に⼊社。銀閣寺⽀店をはじめ数店舗の⽀店⻑を歴任後、⾦融円滑化推進部部⻑として、6年間さまざまな事業再⽣に携わる。2020年、常務理事に就任。現在は価値創造本部⻑として、本業⽀援を通した共通価値の創造を⽬指し、多⽅⾯で活躍している。


工藤 啓 氏

認定NPO法人育て上げネット
理事長

2001年に任意団体「育て上げネット」を設⽴し、若者の就労⽀援に携わる。2004年にNPO法⼈化し、理事⻑に就任。現在に⾄る。⾦沢⼯業⼤学客員教授、東洋⼤学⾮常勤講師、⽇本⼤学⾮常勤講師。「⼀億総活躍国⺠会議」「休眠預⾦等活⽤審議会」「就職氷河期世代⽀援の推進に向けた全国プラットフォーム」委員など、内閣府、厚⽣労働省、⽂部科学省委員歴任。


鈴⽊ 雅剛 氏

株式会社ボーダレス・ジャパン
代表取締役副社⻑

2007年、社会問題を解決する「ソーシャルビジネス」しかやらない会社として、ボーダレス・ジャパンを共同創業。以来「社会起業家のプラットフォーム」として、社会起業家同⼠が互いのリソースを共有 し、ソーシャルインパクトを共創すると同時に、次々と新たな社会起業家を輩出している。2021年11⽉時点で、15ヵ国43社のグループへと拡⼤している。


龍治 玲奈 氏

日本マイクロソフト株式会社
政策渉外・法務本部社会貢献担当部長

日本企業を経て、外資系企業でのCSR部門立ち上げを経験。その経験をもとに企業全体で社会貢献に取り組む姿勢に惹かれ、2007年に日本マイクロソフト株式会社に入社。以来、「地球上のすべての人、すべての組織に関わる人たちが、より多くのことを達成する力になる」をミッションにプロジェクトに従事。就労支援や災害復興、AI利活用など、産官学NPO連携のコレクティブインパクトを通じての社会貢献を目指す。


野村 恭彦 氏

Slow Innovation株式会社
代表取締役

⾦沢⼯業⼤学(KIT⻁ノ⾨⼤学院)教授。博⼠(⼯学)。慶應義塾⼤学修了後、富⼠ゼロックス株式会社⼊社。企業・⾏政・NPO横断のイノベーションを牽引するため、株式会社フューチャーセッションズ、Slow Innovation株式会社を設⽴。国際⼤学GLOCOM 主幹研究員、⽇本ファシリテーション協会フェローなどを併任。

アーカイブ配信
アーカイブ配信についての詳細は、イベント開催後に本ホームページでお知らせします。
Zoomで参加する場合の留意点
  • Zoomウェビナーを利用して開催します。
  • 視聴環境によって、ご覧いただけない場合もあります。また視聴にかかる通信費等は参加者の負担となります。
  • 参加者には、事前にソーシャルビジネスシンポジウム運営事務局
    【social-sympo@stage.ac】より参加URLをお送りしますので、視聴環境をご確認ください。

問い合わせ先

ソーシャルビジネスシンポジウム運営事務局
(運営委託先:株式会社ステージ)

E-mail:social-sympo@stage.ac
TEL:03-3554-5049
(受付時間10:00~17:00)
※土日・祝日を除く